2006/02/09

Windows Server 2003 R2の概要


Windows Server 2003 R2の概要

@ITにて先日(2/3)に提供開始された、Windows Server 2003 R2についての特集が組まれています。

基本的には以下のような感じ。

Windows Server 2003 R2Windows Server 2003 SP1に対していくつかの機能をアドオンしたもの。新機能を利用しなければWindows Server 2003 SP1とほぼ同じである。そのためSP1向けのプログラムはほとんどそのまま、何もせずにR2上で利用できる。

また、R2のリリースにより、Windows Server 2003SP1の提供は、2月いっぱいで終了とのこと。

記事の中から、へぇと思ったものをピックアップ。

  • MMCのバージョンアップ
  • 新しい管理ツールパック
  • ファイル・サーバの管理ツール

Windowsの管理コンソールであるMMCが、2.0から3.0にバージョンアップ。使い勝手が向上したとのこと。

新しい管理ツールパックは、サーバをリモートのマシンから管理するためのツール。従来もAdminpak.msiとして提供されていたものを、MMC3.0を利用して、より機能が増えた模様。

今まで、Adminpak.msiというものがあったのすら知りませんでした。このツールは、Windows Server 2003の以下のパスに存在しています。WindowsXPsp2にインストールして、ちょっと触ってみましたが結構便利です。

  • C:\WINDOWS\system32\adminpak.msi

ファイル・サーバの管理ツールが新たに追加されたとのこと。中でも便利そうなのが、今までできなかったフォルダ単位の容量制限ができることです。また、特定の拡張子を持つファイルの保存を制限できるようになります。ファイルサーバ管理者には便利でしょうね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから