2006/02/09

Visual Studio 2005対応コンポーネント


グレープシティ、Ajaxエンジン採用のGUI構築コンポーネントを販売

今日は意欲的に2つの記事を更新。こういうことをすると後で苦しくなるんですが(笑)。

Visual Studio 2005対応のGUIコンポーネントが3月下旬に発売になるとのこと(VS.NET2003にも対応)。

  • NetAdvantage2005 ・・・\134,400(ランタイムフリー)
  • NetAdvantage2005(サブスクリプション付き) ・・・\186,900(ランタイムフリー)

このコンポーネントには、WindowsコンポーネントとWebコンポーネントが含まれています。両方とも、グリッドコントロールやチャートコントロールが含まれていて、全部で78種類ものコンポーネントがあります。

Webのグリッドコントロールで特徴的なのが、グリッドにAjaxエンジンを搭載していて、グリッドの書き換えを行ってもページ遷移が発生しないということです。また複数行ヘッダもありかなりよさげ。

ライセンスでは、サブスクリプション付きを購入すると、1年間の無償バージョンアップが付く上に、ソースコードまで入手できます。5万程度の差でバージョンアップとソースコードが手に入るならサブスクリプション付きの方がいいでしょうね。

またランタイムフリーというのが大きいです。Windowsアプリケーション用コンポーネントでランタイムフリーというのはよくあるのですが、サーバで利用する場合はCPU単位のライセンスの購入が必要なことがよくあります。しかも1CPUあたりン十万。

そう考えると、1開発ライセンスで20万弱というのは高い気がしますが、トータルで見れば結構よさげな商品だと思いました。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから