2006/02/28

ソフトウェアの良い設計を行うコツ


ソフトウェアの良い設計を行うコツ

NAgileの連載3回目は、NAgileの視点から見た、よいソフトウェア設計についてです。

NAgileでは、変化を受け入れ、設計を日々改善するというスタンスを取るようです。そして、設計はシンプルに行い、必要に応じて再設計するということ。

再設計でコストを増大させないためには、設計時にテストのしやすさを指針として、自動テストを作成するそうです。また、設計としてテストを利用するために、テストファーストが必要になるようですね。

そして、良いテストを行うためのツールとして、NUnit, NUnitFormsなどが取り上げられています。

設計をするときって、どういう機能を実現するかということに目が行きがちで、変化に強い設計ややり方というのは、おざなりになりがちです。私だけかもしれませんが。。。

ちょっと、考えさせられました。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから