2006/02/22

NAgileのシンプルさという価値


ソフトウェア開発をシンプルにする考え方のコツ

この記事で、NAgileの中の、シンプルさという価値について説明されています。なかなか、すっとぼけていて面白いので、是非記事の方も読んでみてください。

NAgileとは、.NETでアジャイルな開発を行うことです。アジャイルとは何かは、こちらを参照してください。ちなみに、NAgileとは、ナジャイルとかエヌ・アジャイルと読みます。

記事の中で、NAgile開発の5つの価値が示されています。

  1. コミュニケーション(Communication)
  2. シンプルさ(Simplicity)
  3. フィードバック(Feedback)
  4. 勇気(Courage)
  5. 敬意(Respect)

その中で、シンプルさについて記事の中で解説がついています。

シンプルさを実現するための原則には、以下の2つがあるとのこと。

  1. 冷蔵庫にキリンの原則
  2. サイバラの原則

またすっとぼけてますが、「冷蔵庫にキリンの原則」は、問題は複雑にしないで単純なまま解くということです。

「サイバラの原則」ですが、サイバラというのは、漫画家の西原理恵子さんのことで、サイバラさんが言っていたことを原則にしたものです。それは、複雑な問題を扱う状況に持っていかないということです。

この2つの原則を実現するためには、どう作る(How)のではなく、何を作る(What)のかに注目します。そして、そのためには、テストファーストリファクタリングが必要だとも述べられています。

アジャイルのエッセンスをシステム開発に取り込むと、なかなかハッピーになれそうな予感です。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール