2006/02/22

NAgileのコミュニケーションという価値


アジャイル開発ではドキュメントを書かないって本当?

一つ前の記事で、NAgileのシンプルさについて取り上げましたが、今回の記事は、NAgileのコミュニケーションという価値を扱っています。

アジャイル開発ではいわゆるExcelやWordなどのドキュメントは作成しませんが、ソースコードがドキュメントに変わるものになります。そのためには、ソースコードでコミュニケーションができるようでなければならないとのこと。

アカウンタビリティ(説明責任)というものがありますが、コミュニケーションでは、情報を持っている側が責任を持って情報を伝えるべきといっています。これは、大いに賛成ですね。その方が効率がいいし、受ける側の負担も少なくなりますから。

ソースコードの悪い例として、コメントだらけのソースコードが上げられています。「交換日記じゃない」とのこと。ソースコードは、設計モデルを語るもので、それでソースコードでアカウンタビリティを果たします。

また、設計モデルを明らかにするために、名前付けの重要性も示されています。

ドキュメントの役割を果たせるようなソースコードが書き方は、アジャイル開発でなくても、参考になりますね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから