2006/01/31

SQL Serverのチューニング


SQL Serverというブラックボックスを開いてみる

@ITにてSQL Serverのチューニングに関する連載が開始されました。

データベースのチューニングの情報ってなかなか得られないので楽しみです。

今回の内容の概要は以下のような感じです。

---

SQL Serverは自動チューニングを行うため、チューニングできないと考える人が多いが、SQL Serverはチューニングをすることが可能である。

チューニングを行うために理解しておくポイントは以下の点。

  • UMS(User Mode Scheduler)というスケジューラ。
  • メモリ管理の仕組み。

何が問題になっているのかを把握するために以下の2つのツールが紹介されている。

問題を把握したら、”隠しコマンド”でパラメータを変更することができる。

---

なぜに隠しコマンド?(笑)
みんな使いたいコマンドでしょうに。

ここら辺も今後の連載で扱ってくれそうなので期待ですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール