2006/01/31

SQL Serverのチューニング


SQL Serverというブラックボックスを開いてみる

@ITにてSQL Serverのチューニングに関する連載が開始されました。

データベースのチューニングの情報ってなかなか得られないので楽しみです。

今回の内容の概要は以下のような感じです。

---

SQL Serverは自動チューニングを行うため、チューニングできないと考える人が多いが、SQL Serverはチューニングをすることが可能である。

チューニングを行うために理解しておくポイントは以下の点。

  • UMS(User Mode Scheduler)というスケジューラ。
  • メモリ管理の仕組み。

何が問題になっているのかを把握するために以下の2つのツールが紹介されている。

問題を把握したら、”隠しコマンド”でパラメータを変更することができる。

---

なぜに隠しコマンド?(笑)
みんな使いたいコマンドでしょうに。

ここら辺も今後の連載で扱ってくれそうなので期待ですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから