2006/01/23

リッチクライアント-もう一つの選択肢


リッチクライアントベンダ・インタビュー第8回:日本ネクサウェブ株式会社

@ITにて、Javaアプレットで動くリッチクライアントであるNexawebを販売している、日本ネクサウェブのインタビューが掲載されています。

実際に動いているものを見た方が早いと思いますので、まずはこのDemoをご覧ください。

また、NexawebはJavaアプレットで動くため、非常に幅広い環境で動作します。もちろんプラグインのインストールなしのとこと。ただWindowsXPは初期状態ではJavaVMが入ってないので例外です。(稼動環境

さらに、開発環境をJavaに統一できるメリットと、他のチャートなどのJavaコンポーネントなども使えるとのことです。

開発環境は、eclipseのプラグインが用意されています(記事内参照)。

で、気になる実績ですが、以下のように記事内で述べられています。

Nexawebは、米国ではシーメンスのPLM、シェラトンホテルの顧客サービスシステム、大手ストレージベンダのストレージ監視システムにOEMで提供されるなど、数々の導入実績があるが日本国内での認知はこれからだ。

さらに、

すでに株式会社日立システムアンドサービスとパートナー契約の合意に至り、大手金融機関からの大型案件の受注を達成している。

とのこと。

値段が公表されていないのでなんともいえませんが、大規模向けといってるから高いのかもしれないです。うーん。値段が知りたい。

値段さえ折り合えば、なかなかいい選択肢だと思います。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

僕ちゃんさん

コメントありがとうございます。
実は記事の1行目にリンクがついているんですよ。
ちょっと分かりにくかったかもしれませんね。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから