2006/01/23

OSS対抗で進むソフト製品の無償化


OSS対抗で進むソフト製品の無償化

オープンソースソフトが発達したことで、有償ソフトを無償化する動きが進んでいます。オープンソースとの差別化が難しくなったためです。

その多くがエントリ製品ですが、この動きはあまりよくないように感じます。

製品を使う側としては、コストを抑えられるので、短期的にはよい面もあるかと思います。しかし、製品のベンダーは収益が悪化して体力が落ち、それが製品の開発スピードやサポートの質が落ちることにつながるのではないでしょうか。最悪、倒産ということも。

そうなれば、最終的にユーザが不利益をこうむってしまいます。

時代の流れとはいえ、お金は出すところには出さないといけないですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから