2017/02/11

[解決]警告: mysqli::real_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50550 Library:50631

WordPress のバックアッププラグインに「BackWPup」という非常に便利なものがあるのですが、突然、以下の警告を発するようになりました。毎晩、 yum -y update を実行しているのでその影響かもしれません。

警告: mysqli::real_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50550 Library:50631

なお、環境は CentOS 7.3 + PHP 5.4.16 + MySQL 5.7 になります。

続きを読む "[解決]警告: mysqli::real_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50550 Library:50631" »

2016/04/26

WordPress サイトが Out of memory エラーを吐き出してサーバーが応答停止した

WordPress のサイトが /var/log/message に以下のログを出力して、サーバー自体が応答を停止しました。このメッセージは管理コンソール画面にも表示されていました。

Apr 18 16:30:48 www kernel: Out of memory: Kill process 2024 (httpd) score 21 or sacrifice

何度も停止するので、サイトは攻撃を受けているのかとも思ったのですが、メモリが足りないという部分が気になっていろいろ調べていたところ原因が分かりました。

 

続きを読む "WordPress サイトが Out of memory エラーを吐き出してサーバーが応答停止した" »

2016/04/08

WordPress のプラグインである Crayon Syntax Highlighter が突然消えた → 今度は突然復活

Crayon Syntax Highlighter は、記事の中でソースコードをきれいに表示できるSyntax Highlighter(シンタックス・ハイライター)で、人気のある WordPress のプラグインです。

こんな感じでソースコードを表示できます。

 Pic01

 

 


続きを読む "WordPress のプラグインである Crayon Syntax Highlighter が突然消えた → 今度は突然復活" »

2015/12/15

WordPress のスパムコメント対策プラグイン「Akismet」が過去の正常コメントまで削除してしまう問題

WordPress の記事には、非常に大量のコメントスパムがやってきて、個人ではとてもじゃないですが対応できません。

その問題を解決してくれるプラグインが「Akismet」です。個人なら無償で利用可能なので、若干導入に手間がかかりますが、是非導入しましょう。

 

続きを読む "WordPress のスパムコメント対策プラグイン「Akismet」が過去の正常コメントまで削除してしまう問題" »

2015/08/06

WordPress の Google Authenticator プラグインでエラーが出るケース

かなり原因の特定にハマったのでメモです。

WordPress の Google Authenticator プラグインで以下のエラーが出るケースがあります。

ERROR: The Google Authenticator code is incorrect or has expired.

Google Authenticator プラグインの詳細は以下の記事を参照してください。

いくら設定を見直しても上記エラーが解消しなかったのですが、途中で Cookie のエラーが出てきてもしかしてと思い、AdminSSL という HTTPS 接続を強制するプラグインを無効にしたらビンゴ!問題なくログインできるようになりました。

セキュリティ機能なのに、HTTPS をやめるとログインできるようになるというのは疑問がありますが、2段階認証なので HTTP でもギリギリなんとかなるかな?微妙ですが。

ただ、WordPress のサイトは自己証明書を使っていたのでそれが原因かもしれません。

ちなみに、SI CAPTCHA Anti-Spam というプラグインではログイン画面で画像認証ができるのですが、以下のエラーが表示されるのも AdminSSL が原因でした。

ERROR: Unreadable CAPTCHA token file

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグインについては以下の記事が詳しいです。

AdminSSLは有効なプラグインなので、2段階認証をとるのか、HTTPS 接続をとるのか検討が必要そうです。

 

追記:2015/08/06 8:20

AdminSSL を無効にして HTTPS 接続したら、Google Authenticator プラグインでもログインできますね。

AdminSSL と相性が悪いようです。

2015/07/17

WordPress 初心者がレスポンシブな独自テーマのサイトを作れるようになった書籍

少し前ですが、WordPress が全くの初心者の状態で、独自テーマで、レスポンシブデザインのサイトを作れるようになった書籍のご紹介をしたいと思います。

その当時の私のスキルセットは以下のような感じです。

  • WordPress ? なにそれおいしいの?
  • レスポンシブデザイン?なんかかっこいい響きだけど何それ?
  • ウェブデザインって何すればいいの?
  • HTML は分かるけど  HTML5 とか CSS3 ってなんのこと?
  • PHP はネットで検索すればなんとか

こんなスキルセットで、独自テーマのレスポンシブデザインのサイトを WordPress で作ろうというのだから無茶な話ですね。

 

続きを読む "WordPress 初心者がレスポンシブな独自テーマのサイトを作れるようになった書籍" »

2014/10/26

WordPress を MySQLから CentOS 7 の MariaDB に移行して動作確認してみる

CentOS 7 に WordPress をインストール、またはバージョンアップするにあたって、データベースを MySQL にするか MariaDB にするか悩むところだと思います。

MySQL は今まで使ってきたから変更したくないけれども、RedHat/CentOS のサポートは受けられなくなるという課題があります。一方、MariaDB は MySQL と互換性があると言われても不安があります。しかし、RedHat/CentOS の長期サポートが受けられるのは魅力的です。

そこで、CentOS7 の MySQL に WordPress に移行する方法は以下の記事で検証しましたので、今度は、MariaDB を検証してみます。

 

続きを読む "WordPress を MySQLから CentOS 7 の MariaDB に移行して動作確認してみる" »

2014/08/03

WordPress を CentOS 6.5 から CentOS 7 に移行する

WordPress を CentOS 6.5 から CentOS 7 に移行してみます。

CentOS 7 から標準のデータベースが MySQL から MariaDB に変更になったこと、Systemd の採用など変更点が多く、移行は少々面倒だと思います。

具体的に、見ていきましょう。

続きを読む "WordPress を CentOS 6.5 から CentOS 7 に移行する" »

2014/03/08

WordPress の BackWPup で Dropbox にバックアップ時に、Dropbox API: (59) Unknown cipher in list というエラーがでる場合の対処方法

WordPress のバックアッププラグインである BackWPup で Dropbox に、WordPress のバックアップを取っていたのですが、ここ数日「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」というエラーが発生しバックアップに失敗していました。

BackWPup のバージョンは、3.1.2 で最新です。

ネットで調べてみると、英語圏では結構問題になっているようで、暫定的ではありますが、解決策も示されていたのでご紹介します。

続きを読む "WordPress の BackWPup で Dropbox にバックアップ時に、Dropbox API: (59) Unknown cipher in list というエラーがでる場合の対処方法" »

2013/12/14

WordPress のバージョンアップが早すぎる件

半年ほど前から、WordPress のサイトを運営している訳ですが、WordPress のバージョンアップって早すぎませんか?

ここ最近だけでも、ver 3.7 がでたと思ったらすぐに ver 3.7.1. が出て、現在は、ver 3.8 が出ています。しかも、 ver 3.7 からはセキュリティアップデートは自動適用に変わったので、気がついたらサイトのデザインが崩れてしまっている可能性も否定できません。

WordPress は無料で利用できて、プラグインも豊富でカスタマイズもかなり自由にできるのは大きなメリットですが、こんなにバージョンアップが早いと大規模サイトを運営している人は大変だと思います。

セキュリティアップデートは仕方ない部分はありますが、こんなに頻繁にバージョンがあがってしまうと、運用コストが無視できないほど大きくなります。

もしかして、WordPress 構築のビジネスモデルは、「安く作って、運用で稼ぐ」だったりするのでしょうか。

とは言え、現状、WordPress ほど自由度の高い CMS は他に見当たらないので、なんだかんだ言いつつも、みんな WordPress を使うのでしょうね。



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから