2013/07/31

jQuery から WCF のサービスを GET/POST で呼び出す

WCF のサービスを作成し、 jQuery から GET/POST で呼びだそうとしたら、思いの外苦労しました。ですので、同じようなことをしようとしている方向けに方法を掲載しておこうと思います。

WCF のサービスは、jQuery から GET/POST でリクエストを受けて、レスポンスを JSON 形式で返すようにします。なお、.NET のクラスインスタンスを JSON に変換するのに、オープンソースの JSON.NET を使用しています。

続きを読む "jQuery から WCF のサービスを GET/POST で呼び出す" »

2011/11/25

jQuery Mobile は jQuery 上で動作するらしい

InfoQ: JQuery Mobile 1.0がリリースされ、様々な反応が返ってきている

jQuery Mobile 1.0 がリリースされていたのは知っていましたが、jQuery 上で動作するとは不勉強でしりませんでした。

JQuery Mobile 1.0は、JQuery 1.6.4の上で動作する。最新のJQueryリリース (1.7)は、いくつかの互換性のない変更が行われており、JQuery Mobile 1.1リリースでサポートされる予定である。

しかし、バージョン依存しているというのは、新規ユーザーにとっては厳しい制約ですね。

2009/11/14

jQuery 逆引きリファレンスがいい感じ

jQuery逆引きリファレンス - @IT

jQuery の逆引きリファレンスの連載記事の内容が上記にてまとめられています。ざっと見ましたが、jQuery は人気があるのが分かる気がします。

今まで Ajax のサンプルを作るときは prototype.js を使ってきましたが、今度 jQuery にも挑戦してみようという気になりました。

 

■関連エントリー

 

2009/10/18

Microsoft Ajax Minifier - Microsoft 製 JavaScript 圧縮ツール

Microsoft より JavaScript 圧縮ツールの「Microsoft Ajax Minifier」が公開され、以下よりダウンロード可能になったようです(via Publickeyさん)。

Minifier はコマンドラインで実行するツールで、インストール後スタートメニューから起動すると以下のような画面が表示されます。

MicrosoftAjaxMinifier

実際に圧縮するには、-o オプションに圧縮後のファイル名を指定し、以下のようにして実行します。

C:\Program Files\Microsoft\Microsoft Ajax Minifier>ajaxmin.exe c:\test\prototype.js -o c:\test\prototype-min.js

これで prototype.js を圧縮してみたところ、137KB が102KB になりました。なんでも、JSMin、Packer、YUI Compressorより圧縮率が高いそうです。

かなり多くのオプションが用意されているようですし、Microsoft 製ということで安心して使用できるのもいい感じですね。願わくば GUI ツールであればいうことがなかったのですが(笑)。

 

■関連エントリー

 

2008/10/03

Visual Studio に jQuery が含まれるようになるらしい

マイクロソフト、「Visual Studio」向けjQueryを提供へ:ニュース - CNET Japan
MSとNokiaが「jQuery」を公式プラットフォームに採用へ | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Microsoft は、ASP.NET AJAX に jQuery を統合して標準ライブラリとして提供するとのこと。

インテリセンスにも対応して、数週間以内に提供予定だそうです。

しかも、Microsoft のテストやバグフィックスなどのを jQueryオープンソースプロジェクトに提供する模様。

これは意外な方向に動いてますね。

jQuery ユーザにとってはいいことずくめかも。

あと、jQuery は jQuery MITライセンスで提供されるようです。

ASP.NET AJAX もコントロール部分はオープンソースライセンスで提供されてますね。

このライセンス関係が日本企業がどのように反応するか興味深いところです。

 

2008/07/27

Firebug Lite が DOMインスペクタをサポート

Firebug Lite via Ajaxian

 

現在のWeb開発では、Firefox のアドオンである Firebug を使用することが多くなっていると思います。

 

ですが、他のブラウザでは Firebug の ログ出力機能である console.log() がエラーになってしまうため、他のブラウザでも console.log() を使用できるようにする Firebug Lite という JavaScript ライブラリがあります。

 

この Firebug Lite のバージョンが 1.2 になり、なんとDOMインスペクタをサポートするようになりました。これはとても便利ですね。

 

以下のような簡単なHTMLを複数のブラウザで表示するとどのようになるか調べてみました。

 
   

<html>    
<head>      
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />      
  <title>Firebug Lite 1.2 Test</title>      
  <script type='text/javascript'      
    src='http://getfirebug.com/releases/lite/1.2/firebug-lite-compressed.js'>      
  </script>      
  <script>      
    console.log("console.log() のテストです。");

   

    var obj = new Object();    
    obj.field1 = "field1";      
    obj.field2 = "field2";      
    obj.date = new Date();      
    console.log(obj);      
  </script>      
</head>      
<body>      
<h1>Firebug Lite 1.2 Test      
</h1>      
<p>Firebug Lite 1.2 からは、DOMインスペクタがサポートされました。</p>      
<p>これで、Firefox, IE, Opera, Safari でも console.log と DOMインスペクタが簡単に利用できるようになりました。</p>      
</body>      
</html>

 

■Firefox

 

Firefox では Firebug を使用すればよいのですが、Firefox でも Firebug Lite は問題なく動作しました。Firefox のバージョンは 3.0 になります。

 

Firebug Lite on Firefox

 

DOMインスペクタ。

 

Firebug Lite DOM Inspector on Firefox

 

 

 

■Internet Explorer

 

Internet Explorer 7 も問題なさそうです。

 

Firebug Lite on IE7

 

DOMインスペクタ。

 

Firebug Lite DOM Inspector on IE7

 

 

 

■Opera

 

Opera 9.5 でも問題なさそうです。

 

Fiebug Lite on Opera

 

DOMインスペクタ。

 

Firebug Lite DOM Inspector on Opera

 

 

 

■Safari

 

Windows版Safari 3 でも問題なさそうです。

 

Furebug Lite on Safari

 

DOMインスペクタ。

 

Firebug Lite DOM Inspector on Safari

 

 

 

■JavaScriptコンソール

 

Firefox/Opera/Safari では、複数行書けるJavaScriptコンソールがついていました。IEでも1行のみの実行は可能です。

 

Javascript コンソール

 

 

 

2008/07/06

modules.js - 外部JavaScript ファイルを動的に読み込むライブラリ

modules.js via Ajaxian

modules.js は、外部の JavaScript ファイルを動的に読み込めるライブラリとのこと。

ライセンスはMITライセンスになっています。

modules.js も興味深いのですが、それよりも Ajaxian の記事で既存ライブラリと modules.js の比較があり、結構JavaScript動的読み込みライブラリがあったのに驚きました。

こんな感じです。

  • JSModule
  • Dojo loader
  • Google’s loader
  • YUI Loader

JavaScriptの規模が大きいサイトを構築する際は、JavaScript の動的読み込みは必須になると思われるので、こういうライブラリは覚えておきたいですね。

 

■関連エントリー

 

jsTree - jQuery ベースのツリーコンポーネント

jstree - Google Code via Ajaxian

jsTree は jQuery ベースのツリーコンポーネントです。

デモを触ってみましたが、なかなかいい感じです。

ツリーの縮小・展開表示はもちろん、ツリーのノードをドラッグ&ドロップで移動できたり、ノードの名称を変更できたりします。

ツリーコンポーネントのいい選択肢になりそうですね。

なお、ライセンスはMITライセンスになっています。

 

jsTree

 

2008/03/14

XPath日本語チートシートがいい感じ

XPath使いのための日本語チートシート

XPathの日本語チートシートがいい感じです。

これは覚えておきたいですね。

 

XPath日本語チートシート

 

Tags: ,

2008/03/13

Taffy DB - JavaScriptデータベースライブラリ

Taffy DB : A JavaScript database for your browser

久しぶりに心惹かれるライブラリが登場しました。

「Taffy DB」はJavaScriptデータベースライブラリで、JSON形式でデータ管理するとのこと。

しかも、下記にあるようにライブラリのサイズが10KB未満の上、動作が早く、更新やソートもできるようです。

# Under 10K!
# Simple, JavaScript Centric Syntax
# Fast
# Easy to include in any web application
# Compatible with major Ajax libraries: YUI, JQuery, Dojo, Prototype, EXT, etc
# CRUD Interface (Create, Read, Update, Delete)
# Sorting
# Looping
# Advanced Queries

まだ試してはいないのですが、これは覚えておいて将来活用したいライブラリですね。

なお、ライセンスはBSD Licenseになっています。

 

■参考サイト

 

より以前の記事一覧



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから