2017/01/22

PowerShell でやっかいな CSV ファイルを Excel にインポートする方法

はじめに

CSV ファイルは広く使われていますが、自社内で閉じているシステムなどでは問題になりにくいですが、外部システムと連携している場合などはデータの中にカンマや改行が入ってしまうと単純な CSV ファイルの扱いでは問題が起きてしまいます。

実は、CSV ファイルを扱うというのは、非常にやっかいなことなのです。

この記事では、PowerShell でこのやっかいな CSV ファイルを Excel にインポートする方法をご紹介します。

続きを読む "PowerShell でやっかいな CSV ファイルを Excel にインポートする方法" »

2017/01/15

PowerShell で Excel に設定したフォルダを作成する方法

この記事では、PowerShell のスクリプトを使用して Excel を読み込み、Excel で設定された内容にしたがってフォルダを作成する方法をご紹介します。

ソースを一気に掲載してもよいのですが、それだとはまりどころが分からないので部分的にですが先に解説をしておきます。

なお、Excel の設定は以下のように、ドライブ-フォルダ-サブフォルダ…となります。サンプルプログラムでは行数、フォルダ階層を自由に設定できるようになっています。

pic01

続きを読む "PowerShell で Excel に設定したフォルダを作成する方法" »

64ビットWindows上で32ビットのバッチファイルを実行する方法

以下の記事の内容により、PowerShell の実行ポリシーが Restricted であってもバッチファイルを経由することにより外部スクリプトを実行できることが分かりました。

しかし、バッチファイルで PowerShell のスクリプトを実行すれば当然64ビットで実行されてしまうため、以下の記事にある問題が発生してしまいます。

この記事では、バッチファイルを32ビットで実行する方法をご紹介します。

続きを読む "64ビットWindows上で32ビットのバッチファイルを実行する方法" »

PowerShellの実行ポリシーがRestrictedでも外部スクリプトを実行する方法

PowerShell には実行ポリシーというものがあり、デフォルトでは Restricted になっています。これは外部スクリプトを実行できない非常に厳しいものです。

セキュリティの観点からは望ましいものですが、いざ自分が PowerShell のスクリプトを配布しようとすると非常にやっかいです。

なぜかというと、実行ポリシーの変更を行うには、PowerShell のコマンドプロンプトを管理者権限で起動する上に、PowerShell のコマンドを実行する必要があるからです。

ですが、実行ポリシーが Restricted でもバッチファイルを経由することにより PowerShell のスクリプトを実行できたのでその方法をご紹介します。

続きを読む "PowerShellの実行ポリシーがRestrictedでも外部スクリプトを実行する方法" »

2017/01/14

PowerShell のスクリプトに署名を付与する方法

はじめに

 

PowerShell のスクリプトを作成するのはいいのですが、実際に作成したスクリプトを配布する際に問題になるのが実行環境のスクリプトの実行ポリシーではないかと思います。

例えば、配布先の実行ポリシーが AllSigned の場合はスクリプトに署名がされていないとスクリプトを実行することができません。

逆に、認証局から証明書を取得し署名したならば、スクリプトが信頼に足るもので改ざんされていないことを示すこともできます。

この記事では、以下の内容をご紹介します。

       
  • ローカル認証局を作成
  • 証明書を作成
  • PowerShell スクリプトに署名
  • 実効ポリシーが AllSigned の環境で署名済みスクリプトを実行
  • 配布について注意事項
 

続きを読む "PowerShell のスクリプトに署名を付与する方法" »

"'Microsoft.Jet.OLEDB.4.0' プロバイダーはローカルのコンピューターに登録されていません。" エラーの対処方法

64ビットの Windows 環境(私の場合は Windows 10) で、PowerShell を使用して Access の MDB にアクセスしようとしたら以下のようなエラーが表示されて処理を実行することができませんでした。

"'Microsoft.Jet.OLEDB.4.0' プロバイダーはローカルのコンピューターに登録されていません。"

これは困ったなと思いネットでいろいろ調べてみると、どうやら Windows の 64 ビット環境でアプリケーションも 64 ビットで動作している場合にこのエラーが発生している模様。

続きを読む ""'Microsoft.Jet.OLEDB.4.0' プロバイダーはローカルのコンピューターに登録されていません。" エラーの対処方法" »

2016/10/16

Mavenプロジェクトで Spring MVC の Hello World を作成する方法

はじめに

STS (Spring Tool Suite - Eclipse の派生) で、Maven プロジェクトを作成して Spring MVC で Hello World をしようと思ったのですが、思いの外手間取ったのでそのハマりどころを含めて作業手順を残しておきます。

なお、STS のインストールはすでにできている前提とします。

といっても、JDK 1.8 をインストールして STS をダウンロードするだけですけどね。

 

 

続きを読む "Mavenプロジェクトで Spring MVC の Hello World を作成する方法" »

2016/10/13

STSでTomcat起動時エラー解消方法:Caused by: java.util.zip.ZipException: invalid LOC header (bad signature)

STS (Spring Tool Suite) は Eclipse ベースの IDE ですが、Tomcat と連携させると起動時に以下のようなエラーが表示されて行き詰まってしまいました。

重大: ContainerBase.addChild: start: org.apache.catalina.LifecycleException: Failed to start component [StandardEngine[Catalina].StandardHost[localhost].StandardContext[]]
……..
Caused by: java.util.zip.ZipException: invalid LOC header (bad signature)

 

続きを読む "STSでTomcat起動時エラー解消方法:Caused by: java.util.zip.ZipException: invalid LOC header (bad signature)" »

2016/10/12

STSでTomcatが起動時にエラーを発生し起動できない問題の対処方法

STS (Spring Tool Suite) は、Eclipse をベースとした Spring Framework 用の IDE です。

今回起きた問題ですが、mvc という Spring のプロジェクトと Tomcat を連携させたら、起動時に以下の警告を出力した後、エラーが発生して Tomcat が起動しないというものでした。

警告: [SetPropertiesRule]{Server/Service/Engine/Host/Context} Setting property 'source' to 'org.eclipse.jst.jee.server:mvc' did not find a matching property.

 

続きを読む "STSでTomcatが起動時にエラーを発生し起動できない問題の対処方法" »

2016/10/09

ASP.NET MVC の modelItem とはなにか

ASP.NET MVC の スキャフォールディングを利用して View を作成すると、以下のように HTML.DisplayFor ヘルパーが作成されます(抜粋)。

しかし、modelItem というのはどこにも宣言されていないのですが、これは一体何なのでしょう?

続きを読む "ASP.NET MVC の modelItem とはなにか" »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから